ミニ株やバイナリーオプション

一般的に、投資家が扱っているのは一千万円とか一億円といった日常生活では縁の無いような金額であるという印象があるかと思います。

しかし、そのような超高額の資金を日常的に扱うのはプロとプロに近いほんの一部の投資家だけ。資産家であっても、そのような金額を毎日のように動かしているわけではないのです。とはいえ、一般の人々が手を出すのは若干難しい金額であるもの確かです。

例えば、株式は株式の単価にその株固有の「単元」と呼ばれる単位を掛けたものが実際に売買される金額となっています。一株500円という株であっても単元が1,000株であれば最低投資金額は50万円にもなってしまいます。

しかし、近年では超少額で投資ができる金融商品が増えてきました。例えば、株式であれば「ミニ株」が有名なものでしょう。

これは単元を減らして売買できる制度で、普通であれば手を出すことが難しい高額な株式であっても比較的気軽に買えるものとなっています。そして、さらに少額で投資することができる金融商品が「バイナリーオプション」です。その最小投資金額はなんと50円。

もちろん、証券会社によって最小取引金額が決まっており、また、取引金額が少ない場合でも、口座に一定の金額の入金が促される証券会社もあります。とはいえ、他の商品に比べて圧倒的に安い投資金額であることは確かです。

50円から始められるということは様々なメリットを秘めています。まず第一に損失が少ないということ。バイナリーオプションの特徴の一つは、オールオアナッシング、つまり予測が外れた場合、投資した金額が全て没収されてしまうということ。

しかし、1回50円の取引であれば、まったく無傷と言っても差し支えないでしょう。このような最小金額の取引を重ねる中で、自分なりの投資スタイル、必勝メソッドを構築していくことが出来ます。

また、余剰資金がない人にも簡単に始められるというメリットもあります。一般的に、金融投資は自分の生活に影響の出ない余剰資金を使って行うのが鉄則です。

これは、予想外の損失がいわば本業の方に影響を与えてしまう懸念から来ています。しかし、入出金で待つことがなく即完了のバイナリーオプションの場合は、損失は投資金額に限定されているため、50円の投資であれば50円の損失に収まりますし、1,000円くらいならすぐに出すことが出来る人も多いのではないでしょうか。 また、最近では、色々なFX 攻略を特集したサイトが出回っています。人気が高まってきている証拠ですね。また数ある業者の中で初心者にお勧めできるのが、XEMarkets、TradeRush、そしてアイフォレックス等があります。チェックしてみて下さい。

このように、様々なメリットがある最低投資金額によるバイナリーオプション取引。今、あなたの財布の中にある50円玉、100玉で始めてみませんか?


農業と一言で表しても、大別すると専業農家と兼業農家に分けられます。

専業農家とは、文字通り農業を専門の業として行っている方を指します。一方で、兼業農家は農業とは別に仕事を持っておられる方を指します。現在では兼業農家が専業農家の倍ほどの数になっており、実はイメージとは異なって二足の草鞋の農業従事者が数多くいるんですよね。

こうした兼業農家が多い理由は様々あります。先祖代々受け継がれてきた農地を手放すわけにはいかないからと兼業農家になる人、天候に左右されやすい農業一本ではリスクを伴うので兼業農家になる人、単純に土いじりが好きだから兼業農家になる人と答えは一つにはならないでしょう。しかし、少なくても職業を一本に絞らないという考え方は、結局は大きなリスクヘッジになっているということは間違いありませんよね。専業農家と比較しても、やはり兼業という安定収入の道が残されている点は魅力的ですし、兼業の方が傾いたとしても農業で生活を維持させることもできます。

近年は国も副業を容認するよう、企業に提言をし始めています。もはや一つの職業だけに依存をするという生き方は、リスクが高すぎるわけですね。また企業の側からしても、これまでのような終身雇用、定期昇給の維持が困難になっていることを含めれば、社員一人ひとりが別の部分で収益を得てくれるだけで随分と負担が減ります。要はこれまで濃密過ぎるくらい濃密だった企業と社員の相互依存を、改めなければならない時代になってきたということなのでしょう。

また食料自給率の低下も、国が改善しなければならない喫緊の課題の一つです。土木分野と農業分野は国家運営の要であり、これをおざなりにしては将来の国家運営の大きな障壁になる可能性を孕むわけです。こうした時代の流れを加味すれば、兼業農家という選択肢は決して無謀でもなければ馬鹿馬鹿しい選択でもないわけです。

ただし、代々農地を受け継いでいる方はともかく、これから農業に参入をしようと検討されている方は「農地の確保」と「農業用工具類」を取り揃える初期費用を加味しなければなりません。そして、これが非常に大きな壁となっています。特に農地法という法律によって、農地の取得が非常に煩雑なものになっています。また、様々な制限が設けられており、これに違反した場合は罰金を科すられたりもするのです。そのため、農地の取得には必ず弁護士を立てて取得するようにしてください。工具類の取得も決して安いものではありませんので、その点は気を付けるようにしてください。

こうして農地を取得し、工具も最低限取り揃えられれば、いよいよ兼業農家として事業を開始です。自分自身で作った農作物を食べて食費を浮かすのも良いですし、出来が良ければ販売して収入を得るのも良いでしょう。自分で育てた農作物を食べて生きていると、何だか「生きている!」「自然に生かされている!」ということを実感することが出来るようになるでしょう。

そして何よりも、本業を引退しても農業で生活設計を立てられるので、将来に渡って収入が完全に途絶えるという恐怖心からは解放されます。自然を相手にするわけなので大変だとは思いますが、それを補って余りあるくらいの魅力が兼業農家にはあると思いますよ。