バイナリ—オプションと経済指標の関係

バイナリーオプション海外は短期間の為替レートの動向を予測するトレードであり、あらかじめ様々な経済情報をチェックしておかなければ勝率を上げることは出来ません。

中でも特に参考になるのが、「経済指標」です。経済指標とは、現在の経済状況を表す種々の基礎的データのことです。経済指標が発表されると、たちまち相場が大きく変動します。

アメリカの経済指標は、日本時間の21時半~23時頃に発表されます。アメリカの経済指標はアメリカだけでなく、日本を含め世界中の相場に影響を与えます。

特に注目したいのが、ヨーロッパ市場です。ヨーロッパ市場が終了するのは日本時間のおよそ0時半頃であり、アメリカの経済指標が発表されてから1時間半~3時間ほどの余裕があります。

市場が終了する直前は相場の動きは概して鈍くなるため、経済指標の発表による際立った動きがあればレートの動向を予想しやすくなります。このタイミングを活用すれば、安心して勝率の高いトレードを実践できます。

アメリカの経済指標の中でも様々なポイントがありますが、特に注目すべきは以下の四点です。

1. 非農業部門雇用者数&失業率

非農業部門の就業者数を表す指標で、失業率とあわせて「雇用統計」とも呼ばれています。経済指標の中でも特に市場に与える影響が大きいデータです。

2. 小売売上高

小売業の売上高を表す指標です。アメリカのGDP(国内総生産)は世界のおよそ3分の1を占めており、そのうちの7割は個人消費によるものです。従って、小売売上高のデータもまた市場に大きな影響を及ぼします。

3. GDP

日本語では「国内総生産」と訳されます。一定期間内に国内で生産された財・付加価値の総額を表す指標です。雇用統計や小売売上高に比べると影響は小さいですが、重要な指標の一つです。

4. FOMCの声明文

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)のことです。年に8回ほど開催される会合により、アメリカの政策金利などが決定されています。まさにアメリカ経済の動向を担う存在であり、このFOMCの声明文が将来の金融政策のヒントになるため非常に注目されます。大手のニュースサイトや証券会社の特設コーナーなどでもFOMCの声明文を取り扱っていることが多いです。
と、このように奥が深いバイナリーオプションですが、取引はいたってシンプルなことから人気がうなぎ昇りに上がって来ています。始めるにあたって業者選びが大切な鍵となるわけですが、是非FXランキングなどを参考にして自分に合った業者を慎重に選んで下さい。その際是非アイフォレックスもチェックしてみて下さい。色々な特典があり、サポートの質も高い業者さんです。